電子黒板への応用

世界初・3次元電子黒板EWシリーズ

世界初・独自の触覚センサ「イーダブルセンサ」を電子黒板に活用しました。「押し圧を検知できるタッチパネルセンサ」を搭載した当社のオリジナル製品です。


電子黒板への応用

従来のタッチパネル式の電子黒板では、黒板と同様に、平面上にペンもしくは指を使って「文字を書く」、「縦線に横を引く」などの入力しかできませんでした。 「イーダブルセンサ」を搭載することで、従来の横(X)方向、縦(Y)方向の動きを検出するだけでなく、ボードを押した圧力を検知して、押し圧(Z)方向の動きを検出できる画期的な「3次元入力電子情報ボード」です。

EWシリーズの電子黒板の特徴 ※現在販売しておりません。

電子黒板新機能(毛筆・グラデーション)

イーダブルシリーズの7つの特徴

企業展示会のブースでの活用事例

2012年5月30日~6月1日に開催された「中小企業総合展2012 in Kansai」(於:インテックス大阪)にて、当社の電子黒板がインフォテック株式会社様および大洋工業株式会社様の企業ブースにて紹介・活用されました。

インフォテック株式会社様(ホームページ

顔認証システム(3次元移動体位置認識システム)の紹介に当社の電子黒板EW-6100が活用されました。カメラで映した顔を認識し、顔の移動にしたがって自動的に電子黒板の向きを移動させる技術が展示されていました。複数人数での顔認識も巧みに検知し、顔認識の結果が訪問者にもわかりやすく表示されていました。

太洋工業株式会社様(ホームページ

P2PTV会議・Web会議システム:Soba mierukaの紹介に当社の電子黒板EW-6100が活用されました。展示会場(インテックス大阪)と遠隔地(京都リサーチパーク)とでインターネットを通じてお互いの顔や画面を共有していました。対話をしながら画面をタッチして、書き込みや共同作業を行っています。

電子黒板とは

「電子黒板って何?」「”電子黒板”という言葉は聞いたことがあるけれど、詳しいことはわからない」というお客様から、「電子黒板の使いどころがよくわからない」など、電子黒板について知りたいお客様のためのページです。

電子黒板とは

電子黒板でお困りごと解決

「ダラダラしている会議・打ち合わせが多くて困る」、「せっかくの休憩時間なのに情報交換に手間取り、業務に支障がでる」、「会議スペースが狭くてホワイトボードとプロジェクタのどちらかを諦めなければいけない」、「打ち合わせの出張費用を削りたい」…。当社の電子黒板を活用すれば、お客様のさまざまなお困りごとを解決できます。

電子黒板でお困りごと解決