電子黒板への応用

世界初・3次元電子黒板EWシリーズ

当社の製品は、世界初・独自の触覚センサー「イーダルセンサー」を活用したオンリーワン製品です。他社製品にはない「押し圧を検知できるタッチパネルセンサー」を搭載した当社製品なら、お客様がかつて体験したことのない世界を体験できます。

電子黒板新機能(毛筆・グラデーション)

イーダブルシリーズの7つの特徴


3次元入力電子黒板:EWシリーズ比較表

当社の電子黒板(インタラクティブ・ホワイトボード、電子情報ボード)のEASYモデル、BASICモデル、SOLUTIONモデルのそれぞれについて、製品のシステム構成や機能をまとめた比較表を掲載しています。

モデル EASY
モデル
BASIC
モデル
SOLUTION
モデル
製品名 EW-600 EW-610 EW-6100 EW-6200
製品画像
システム
構成
センサーボード
スタンド × × ×
テーブルラック
またはラック
オプション
テーブルスタンドEW-T40
プロジェクタ
電子黒板ソフト オプション
PenPlusプロVer4.0
オプション
PenPlusプロVer4.0
オプション
PenPlusプロVer4.0
パソコン付属
インターネット接続 オプション
Webカメラほか オプション
機能 画面への入力・書き込み
画面の投影 オプション オプション
ホワイトボードへの書き込み ×

※仕様は予告なく変更されることがございます。

EW-600

EW-600は、手軽に導入いただける電子黒板のEASYモデルです。 従来のタッチパネル式の電子黒板では、黒板と同様に、平面上にペンもしくは指を使って「文字を書く」、「縦線に横を引く」などの入力しかできませんでした。 EW-600は、従来の横(X)方向、縦(Y)方向の動きを検出するだけでなく、ボードを押した圧力を検知して、押し圧(Z)方向の動きを検出できる画期的な「3次元入力電子情報ボード」です。

電子黒板

EW-600は、2011年4月に発売を開始した、電子黒板を手軽に導入いただける低価格モデルの電子黒板です。 お客様が既にプロジェクタやパソコンをお持ちであれば、EW-600と接続するだけで60インチの電子黒板として利用できます(専用のプロジェクタやパソコンをご購入は必要ありません)。

EW-600は、従来のホワイトボードと同じ感覚で設置していただくことができます。設定に関しては、パソコンに3Dマウスエミュレータソフト(EW-600ご購入時に付属)をインストールするだけでご使用いただけます。

他社電子黒板との違い

使用するアプリケーション上でマウスのホイール機能が使えます。電子黒板を押す強さに応じてマウスのホイールでの動作と同じ動作ができる点が他社の電子黒板と大きく違います。 この、押し圧方向の値を検出する機能を使って、画像をワンタッチで拡大したり、押し圧の強弱で画面のスクロールの速度を制御できます。他社製品にはない「マウスのホイール機能」を利用できます。以下の製品ムービーをご参照ください。

学校の授業やセミナーのプレゼンテーションでの活用

EW-600を使えば、ホワイトボード上に投影したパソコンの画面をタッチして、マウスのクリックやスクロールを実現できます。また、ソフトを使えば、ホワイトボード上への書き込みが画面へ反映され、そのままパソコンで保存できます。共有もカンタンです。



複数のプロジェクタと同時接続して、ホワイトボードと大画面のそれぞれにパソコンの画面を投影すれば、大人数の会場でのプレゼンテーションでも利用可能です。小会議室や教室から、大会場まで、幅広い場面での活用が可能です。

製品使用ムービー

標準付属品について

標準付属品は以下の通りです。
・電子黒板本体:パネルサイズ60インチ・USB出力
・電子黒板スタンド
・3Dマウスエミュレーションソフト

オプション購入品

テーブルスタンドおよび電子黒板ソフトをご利用いただくと、EW-600をより快適にお使いいただくことができます。

テーブルスタンドEW-T40
電子黒板ソフト:『PenPlusプロver4 EWS』
EW-600付属の標準スタンドと併せて、テーブルスタンドEW-T40をご利用いただくと、プロジェクタやパソコンを置くスペースをホワイトボードの前面に確保できます。展示会では商品・パンフレットの陳列棚としても利用できます。 『PenPlusプロver4 EWS』をお使いいただくと、パソコンの画面にカンタンに手書きできます。学校の授業やプレゼンテーションを効果的に行うことができます。電子マニュアルはサポートのページでご覧いただけます。
仕様詳細
入力方式 感圧抵抗膜方式
読取解像度 4095×4095 ドット
入力電圧 5VUSB電源
動作温度 0℃~35℃ 0~85%R.H.
保存温度 -20℃~60℃ 0~80%R.H
EMC VCCI Class A
寸法 パネル:900 x 1200mm
製品単体:max.1340 x 1860 x750mm
消費電力 約250mW
付属品 アプリケーションソフト(CD-ROM)
取扱説明書
セットアップマニュアル
電子マニュアル

電子マニュアルの仕様のページをご覧ください。

EW-6100

EW-6100は、プロジェクタ一体型の電子黒板のベースモデルです。パソコンおよびプロジェクタを格納するラックを標準で装備しています。また、パソコン不使用時にはホワイトボードとしても使用できます。

電子黒板

EW-6100は、プロジェクタ一体型の電子黒板です。お手持ちのパソコンをEW-6100に接続し、3Dマウスエミュレーションソフト(製品購入時に付属)をインストールするだけで使用できます。初期設定を一度行えば、それ以降は面倒な位置合わせは不要です。

EW-6100では、プロジェクタを使用しないときには、プロジェクタをラック内に格納できます(写真右図)。また、ホワイトボード部分にマーカ等のペンを使用できるため、電子黒板としてご利用いただけるだけでなく、通常のホワイトボードとしてもご利用いただけます。電子黒板としてパソコンの画面をホワイトボードに映しながらプレゼンテーションやインターネット検索をしたいときには、ラックに格納されているプロジェクタを引き出して使用できます。また、パソコンを設置するための台も標準装備されています。側面にある引き出しを開けて、コネクタに接続するだけで、パソコン画面をホワイトボードに映して大画面で閲覧・操作することができます。

プレゼンテーションでの活用

EW-6100をご利用いただけば、パソコンを意識することなく、パネル上で指1本で操作できます。指で指し示した場所には視線が集まるため、ポインタやマウス、キーボードでの操作よりも、はるかに効果的なプレゼンテーションを行うことができます。

プレゼンテーションへの導入のメリット

1.パソコンを操作する人員がいりません。説明しながらホワイトボードをタッチしてパソコン画面を操作できます。

2.パソコン画面上への書き込み・保存も可能です。

3.画面上を押すだけで、拡大・スクロールができます。

複数のプロジェクタと同時接続して、ホワイトボードと大画面のそれぞれにパソコンの画面を投影すれば、大人数の会場でのプレゼンテーションでも利用可能です。小会議室や教室から、大会場まで、幅広い場面での活用が可能です(下写真)。

企業展示会のブースでの活用事例

2012年5月30日~6月1日に開催された「中小企業総合展2012 in Kansai」(於:インテックス大阪)にて、当社の電子黒板がインフォテック株式会社様および大洋工業株式会社様の企業ブースにて紹介・活用されました。

インフォテック株式会社様(ホームページ

顔認証システム(3次元移動体位置認識システム)の紹介に当社の電子黒板EW-6100が活用されました。カメラで映した顔を認識し、顔の移動にしたがって自動的に電子黒板の向きを移動させる技術が展示されていました。複数人数での顔認識も巧みに検知し、顔認識の結果が訪問者にもわかりやすく表示されていました。

太洋工業株式会社様(ホームページ

P2PTV会議・Web会議システム:Soba mierukaの紹介に当社の電子黒板EW-6100が活用されました。展示会場(インテックス大阪)と遠隔地(京都リサーチパーク)とでインターネットを通じてお互いの顔や画面を共有していました。対話をしながら画面をタッチして、書き込みや共同作業を行っています。

EW-6100のモデル・価格・オプション品

EW-6100には、下投影と上投影の2モデルがございます。また、ラックやセンサーボード等を個別に購入することも可能です。

EW-6100RC
EW-6100EP
EW-6100RCは、電子黒板のBASICモデルです。台座部分のラックにプロジェクタを設置し、下からパソコンの画面を投影します EW-6100EPは、電子黒板のBASICモデルです。 上部のラックに取り付けたプロジェクタでパソコンの画面を投影します。
EW-61R
EW-61S
EW-61Rは、電子黒板EW-6100、EW-6200の専用ラックです。短焦点プロジェクタ(別売)をラック内に収納できます。 EW-61Sは、電子黒板の本体部分となるセンサーボードです。単体でも壁に立てかけた状態で使用できます。専用ラック:EW-61Rに取り付けても使用できます。
電子黒板ソフト:『PenPlusプロver4 EWS』
EW-61F
『PenPlusプロver4 EWS』をお使いいただくと、パソコンの画面にカンタンに手書きできます。学校の授業やプレゼンテーションを効果的に行うことができます。電子マニュアルはサポートのページでご覧いただけます。 EW-61Fは、EW-6100,EW-6200の専用ラック:EW-61Rの上面にプロジェクタを取り付けるためのフレームです。プロジェクタは別売です。
仕様詳細
入力方式 感圧抵抗膜方式
読取解像度 4095×4095 ドット
入力電圧 5VUSB電源
動作温度 0℃~35℃ 0~85%R.H.
保存温度 -20℃~60℃ 0~80%R.H
EMC VCCI Class A
寸法
(使用時)
パネル:900×1200mm
EW6100EP:1203×605×2035mm
EW6100RC:1203×650×1810mm
寸法
パソコン台
開時
EW6100EP:1373×605×2035 mm
EW6100RC:1373×650×1810 mm
消費電力 315W以下(プロジェクタ使用時)
付属品 ・プロジェクタ
 EPSON EB-480(EW-6100EPの場合)
 Ricoh:PJWX4130(EW-6100RCの場合)
・アプリケーションソフト(CD-ROM)
・取扱説明書
・セットアップマニュアル
電子マニュアル

電子マニュアルの仕様のページをご覧ください。

EW-6200

EW-6200は、お客様のご要望に応じて必要なシステムを構築してご提供する、電子黒板のソリューションモデルです。ご購入いただいてすぐに、テレビ会議や電子広告など、お客様にご要望いただいた使い方ができます。

電子黒板

EW-6200はEW-6100のソリューションモデルです。具体的には、EW-6100の本体に、パソコン、ルータ、インターネット接続(e-mobile)が標準装備され、お客様のご要望に応じてオプション(カメラ、無線マウス、無線キーボード、アプリケーションソフト等)を組み合わせ、すぐにお使いいただけるようなシステムを構築してご提供・納品いたします。

お客様のご要望に沿ったEW-6200のモデルの例は以下のとおりです。

例1:TV会議モデル:ネットワークカメラ、専用インターネット接続、等
例2:電子広告モデル:電子公告アプリケーション
例3:インターネット接続モデル

お客様のご要望のモデルに応じて、お見積りいたします。

会議・ディスカッションでの活用

EW-6200を導入すれば、パソコンを意識しないで、大画面パネル上で情報分析・情報共有ができます。

例えば、店内に設置したネットワークカメラをイントラネットで接続することで、会議室や本部にいながら店舗や店員の状態を大画面で確認できます。お客様のお買い物の動向を見ながら、画面をタッチして直接カメラの操作(向きの変更・画面拡大)を行い、LIVEでマーケテイングができます。16画面同時表示でも1画面12インチの画面サイズでの閲覧が可能です。また、画面へのコメントの書き込みや保存も可能で、即座に課題事項の分析・共有が可能です。

簡易テレビ会議システムでの活用

EW-6200を導入すれば、大画面ディスプレイでTV会議を行うことができます。遠隔地との対面での打ち合わせであれば交通費や時間コストがかかりますが、TV会議システムを導入すれば経費と時間を大きく節減することができます。

例えば、出張費5万円/回・人の場合、2人で10回の出張があれば20万円かかります。これらの費用も、一度テレビ会議システムを導入してしまえばかかることはありません。

製品価格

EW-6200は、プロジェクタ、パソコンが搭載された一体型システムです。価格やシステムについては、用途に応じてご提案・お見積りいたします。詳細についてはお問い合わせください。

標準付属品・オプションについて

以下のような標準付属品・オプションを予定しています。
・(標準)電子黒板:パネルサイズ60インチ
・(標準)パソコン
・(標準)インターネット接続:e-mobile2年契約
・(標準)2年間サポート
・(オプション)ルータ
・(オプション)ネットワークカメラ
・(オプション)無線キーボード
・(オプション)無線マウス
・(オプション)アプリケーションソフト、デジタルサイネージ他

仕様詳細

仕様の詳細はご要望に応じて決定します。お問い合わせください。

パンフレット

当社電子黒板製品のパンフレット(PDFファイル)を下記よりご覧いただけます。

電子黒板とは

「電子黒板って何?」「”電子黒板”という言葉は聞いたことがあるけれど、詳しいことはわからない」というお客様から、「電子黒板の使いどころがよくわからない」など、電子黒板について知りたいお客様のためのページです。

電子黒板とは

電子黒板でお困りごと解決

「ダラダラしている会議・打ち合わせが多くて困る」、「せっかくの休憩時間なのに情報交換に手間取り、業務に支障がでる」、「会議スペースが狭くてホワイトボードとプロジェクタのどちらかを諦めなければいけない」、「打ち合わせの出張費用を削りたい」…。当社の電子黒板を活用すれば、お客様のさまざまなお困りごとを解決できます。

電子黒板でお困りごと解決